マリンクス

美しく壮大な海を舞台とし、爽快な海洋レジャーの発信基地となる浮桟橋にはそれにふさわしい高機能なものを選びたいものです。マリンクスは、お客様のニーズとご利用の条件に柔軟に対応し、全国各地のマリーナやヨットハーバー等で活躍しています。

豊富な実績に基づく提案

『マリンクス』は、限られた水域を最大限活用し、自在なレイアウトに対応できます。基本構造はフレーム、デッキ、フロートから構成されるセパレート構造を採用し、くし型桟橋や単桟橋はもちろん、幅広ステージや高乾舷桟橋など、豊富な組合せと実績に基づいた提案を致します。

環境にもやさしい高耐久フロート

ハンマーでたたいても割れない強靭さを誇るフロートは、自動車のガソリンタンクと同材質・同製法を採用しており、高い信頼性を得ています。その素材である超高密度ポリエチレンは、FRP等とは異なりリサイクルや処分が容易で、発泡スチロールの様に浮遊ゴミを発生させません。

高耐久フレーム

本体構造の基礎となるフレームは『耐食性アルミ』製フレームを採用しており、海での過酷な環境に耐える性能を備えています。
また、鋼製フレームを採用の場合にも関西空港連絡橋にも採用された『重防食塗装』により画期的な耐腐食性を実現しています。

選べるデッキ材

あらゆるシーンに対応するデザインは木製(ハードウッド)の他に色々な配色が可能な合成樹脂甲板や、リサイクル材を使用した合成木材も選択可能です。

簡易係留施設に対応

放置艇対策等の簡易係留施設では水面有効活用のアイテムとして『ムアロッド』が有効です。従来のブイ係留方式と比べて占有面積が少なくなるほか、干満差の大きな場所でも安全に係留出来ます。もちろん建設・維持コストの削減にも寄与しています。

『ムアロッド』のフレームには耐食性アルミを採用。また、トラス構造により強度も耐久性も抜群の性能を誇り、20ftの小型艇から40ftの大型艇まで各サイズをラインナップしています。

 

基本仕様

マリンクスは、フレーム・デッキ・フロートの主要部材が独立したセパレート構造を基本としており、自由な組み合わせが可能です。また、メンテナンスは最小単位の交換ですむ構造になっています。

係留システム

浮桟橋の係留方法は水深や干満差等により異なりますが、計画場所の条件に応じて最適な方法をご提案いたします。

アクセサリー

充実した付帯設備により、さらに快適性を高めています。

公的機関からの技術・品質評価

マリンクスは国土交通省(旧運輸省)の民間技術評価証を取得しています。