ページ内移動用のメニューです。

  • International
  • USA
  • Deutschland
  • 中国
  • 日本

バスケットボール

競技規則

バスケットボール競技コート・用具

2011年(平成23年)4月1日よりルールの変更があります。

バスケットボール

ミニバスケットボール

コート

  1. 1障害物のない長方形の平面で、縦28m、横15mとする。
    (コートの大きさはラインの内側ではかる)
  2. 2すべてのラインは、幅5cmとし、白色ではっきりと見えるように描かれていなければならない。

ボール

  1. 1表面は、皮革、合成皮革、またはゴムとする。
  2. 2球形で、その表面をオレンジ色のパネルを黒いシーム(つなぎ目)で覆ったもの、あるいはオレンジ色と薄茶色(ライトブラウン)のパネルを黒いシームで覆ったものとする。
    (シームの幅は、0.635cm以下とする)
  3. 3ボールには、床からボールの最下点までがおよそ1.80mの高さからコートに落下させたとき、ボールの最高点が1.20m~1.40mの間の高さまではずむように空気を入れる。

※2013年~バスケットボール競技規則より

■ミニバスケットボール

コート

  1. 1縦28m~22m、横15m~12mとし、縦・横の長さの釣り合いが取れたコートを使用する。
  2. 2全ての線は幅5cmとし、はっきりわかるように引く。

ボール

  1. 1球形で、表面を皮革・合成皮革・ゴムでおおったもので、周囲69cm以上71cm以下、重さ470g以上500g以下とする。
  2. 2ボールには、1.80mの高さ(ボールの最低点)からコートに落としたとき、はずんだボールの最高点が床から1.20m以上1.40m以下になるように空気を入れる。

※2007年~ミニバスケットボール競技規則より

■3×3

コート

  1. 1縦11m、横15mとする。

ボール

  1. 1黄色と青色のコンビでチャネルはオレンジか赤色。
    周囲720~740mm、重量580~620g。

※FIBA国際バスケットボール連盟公式規格より

前のページに戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る