ページ内移動用のメニューです。

  • International
  • USA
  • Deutschland
  • 中国
  • 日本

ホーム > お問い合わせ > Q&A > なぜ、ボール内圧が大気圧より低いのに球形を保てるのですか。

なぜ、ボール内圧が大気圧より低いのに球形を保てるのですか。

2011年01月21日

質問内容

たとえばサッカーボールで圧力「0.6~1.1bar」などと書かれていますが、大気圧が1.0barなのになぜ球体が保てるのでしょうか。(大気圧より小さい内圧だったら球体が保てないのでは?)

回答

実際は1.0+0.6bar=1.6barの圧力がかかっています。
普段の生活の中で、1.0を意識することがないので、この1.0の状態をゼロとして、そこからプラス0.6ということで表示しています。(つまり、圧力計の表示で0.0は1.0のことです)

ちなみに、高い山に登ったり、飛行機に乗ったりすれば、外気圧が低くなり相対的にボール内圧が高くなるので、ボールは少し大きくなります。

Q&A一覧へ戻る

関連する情報

前のページに戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る