基本検索

検索の手がかりとなるキーワードをいくつか入力して、Enterキーを押すか [検索] ボタンをクリックすると、関連するページの一覧が表示されます。

このサイト内検索エンジン(Powered by Google) では、高度なテキスト マッチ技術を使用して、キーワードに重要度と関連性の高いページを特定しています。たとえば、検索結果として返すページとその表示順序を決定する際には、対象となるページだけでなく、そのページに向けてリンクが張られているページの内容も考慮されます。また、検索に使用されたキーワードが近くに並んでいるページは、その検索と関連性が高いと判断されます。

注:暗号化された表示可能なPDF書類は、インデックス登録を行うために HTMLに変換されますが、そのHTMLは表示されません。

類義語

検索用語と同じまたは似た意味を持つ類義語がある場合、検索結果ページに "Other suggested searches" として表示されます。

日付による並べ替え

日付による並べ替え機能を使用すると、検索結果を日付順に並べ替えて表示することができます。検索結果ページには、それぞれの日付が表示されます。日付のない検索結果は、最後に関連性の高い順に表示されます。

自動 "and" 検索

デフォルトでは、すべての検索用語を含むページだけが返されます。検索用語の間に "and" を入れる必要はありません。たとえば、サッカーゴールの送料を検索するには、次のように入力します。

対象を広げるには検索用語を減らし、対象を絞り込むには検索用語を追加します。

"OR" 検索

このサイト内検索エンジン(Powered by Google)では、論理演算子 "OR" をサポートしています。単語Aと単語Bのどちらかを含むページを検索する場合は、2つの単語の間に "OR" と大文字で指定します。たとえば、サッカーまたはフットサル用のボールを検索するには、次のように入力します。

検索結果でのキーワード表示

このサイト内検索エンジン(Powered by Google)の検索結果には、各ウェブ ページ内で検索用語と一致する箇所の抜粋が表示されます。抜粋内で検索用語は太字で表示されるため、リストされたページの関連性を簡単に確認することができます。

大文字と小文字の区別

このサイト内検索エンジン(Powered by Google)では、大文字小文字が区別されません。検索用語は、大文字で入力された場合もすべて小文字として認識されます。たとえば、"molten"、"Molten"、"MOLTEN" という検索用語に対しては、すべて同じ結果が返されます。

検索結果の絞り込み

このサイト内検索エンジン(Powered by Google)では、クエリーにあるすべてのキーワードを含むウェブ ページのみが返されます。さらに検索結果を絞り込むには、入力したキーワードに新しいキーワードを追加します。この機能により、最初のキーワードに対する広範囲な検索結果の中から、追加されたキーワードに関する特定のページを絞り込むことができます。

マイナス検索

単語の前にマイナス記号("-")を付けて、その単語を検索結果から除外することができます。"-" の前には必ずスペースを挿入してください。

たとえば、次のキーワードを検索した場合を考えてみます。

この場合、"サッカー" を含み、かつ "フットサル" を含まないページが返されます。

前のページに戻る