ページ内移動用のメニューです。

  • International
  • USA
  • Deutschland
  • 中国
  • 日本

ホーム > テクノロジー > モルテンボールはこうしてつくられる

モルテンボールはこうしてつくられる

THE BEST QUALITY - 手縫いボールの場合

真球性、正確な弾道、優れた耐久性、やわらかさなど、ボールに求められるひとつひとつの条件をクリアするためには、精緻な生産技術と熟練したスキルが必要です。さらに、ハイレベルな検査を実施し、完璧な品質管理を実行することで、初めて信頼のブランド「モルテン」の名が刻まれるのです。ここでは、モルテン・手縫いサッカーボールを例に、その生産工程を紹介します。

手縫ボール専用に開発された補強布に接着剤を塗ります。

人工皮革と補強布を、しっかりと貼り合わせます。

パネルを裁断機で切り抜きます。

切り抜いたパネルを品質チェック。パネルの1つにはチューブに空気を入れるバルブ口の穴をあけます。

文字やマークを特殊インクでスクリーン印刷します。

チューブの重さを決めるために、パネルの重量を計ります。バルブ口とパネルが剥がれないよう、強力接着剤で貼付けます。

パネルを縫い合わせます。熟練工でもボール1個縫い上げるのに3時間を要します。

ボールの重量をチェックします。

ボールの円周をチェックします。

厳しい検査基準にしたがって外観をチェックします。

全ての検査に合格したボールだけが工場から出荷されます。

前のページに戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る