ページ内移動用のメニューです。

  • International
  • USA
  • Deutschland
  • 中国
  • 日本

バレーボール

モルテンバレーボールの歴史

  5号球 軽量4号球
戦前~戦後 貼りボールを開発。  
1960年

貼りボールが日本バレーボール協会の検定球として認定。

MTV5

 
1964年 東京オリンピックで検定球メーカーの貼りボールが試合球として採用。  
  MTV5 MTV4ES
1999年

カラー化

モルテンカラーボール(天然皮革製・5号球・MTV5IT)発売。

MTV5IT

モルテン小学生バレー用カラーボール(天然皮革製・軽量4号球・MTV4ESIT)発売。

MTV4ESIT

2000年 カラーボール(MTV5IT)がVリーグ試合球として採用。

モルテン小学生バレー用人工皮革製カラーボール(軽量4号球・MTV4ESSLIT)発売。

MTV4ESSLIT

2001年

素材の改良

モルテン人工皮革製カラーボール(5号球・MTV5SLIT)発売。

MTV5SLIT

 
2003年 人工皮革製カラーボール(MTV5SLIT)がVリーグ試合球として採用。  
2005年  

モルテン小学生バレー用18パネルカラーボール(軽量4号球・MTV4ES18P)発売。
小学生バレーボールは、3月までは12枚パネル。4月から一部で18枚パネルを併用。

MTV4ES18P

2006年   小学生バレーボールは、4月から18枚パネルに統一。
2009年

新技術搭載

フリスタテック搭載の新バレーボール(5号球・V5M5000)発表。

V5M5000

フリスタテック_搭載の小学生バレー用新バレーボール(軽量4号球・V4M5000-L)発表。

V4M5000-L

4号球については後日掲載します。

前のページに戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る